気になる皮膚のできもの

顔を触る人

いぼは身近なもので軽く見られがちです。見た目が気になるからと切除する人は多いですができる場所によっては放っておく人も少なくありません。周りの人に感染したり、危険ながんである可能性もあるので自己判断は避けるようにしましょう。

皮膚科で治療をしょう

カウンセリング

いぼが手や足に出来る原因としては、傷口からのウイルス感染が挙げられます。いぼは自分で切除しようとしても治療は困難であるため皮膚科に行きましょう。皮膚科では一般的に凍結治療によって、いぼの治療を行います。

顔と体のぶつぶつ対策

女の人

顔のぶつぶつはウイルスによるものであり、適切ないぼ切除施術を受けなければいけません。外科的な切除を行う際には液体窒素で固める方法やクリームで細胞を壊す方法、レーザーで焼くなどの方法が数多くあることは知っておきましょう。

それぞれの病院で違う

レディ

大まかな流れを知る

いぼを切除する場合は、選んだ病院によっても施術の方法が違って来るので、どこでも同じ方法で切除できるわけではありません。通常の皮膚科の場合は、基本的に液体窒素を利用する方法が選ばれており、これは綿棒の様な物で液体窒素をいぼに付けて行う方法が主流です。スプレー状になっている物を利用する事もありますが、基本的に根までしっかりと取り除く事が出来るまで定期的に施術に通う形となっています。皮膚科での治療の場合は健康保険が適用される事になっているので、この場合も患者の負担額は治療費の3割となっています。美容外科クリニックなどで行う場合は、炭酸ガスレーザーや電気メスを利用した方法が選ばれており、傷を出来るだけきれいにする審美面を重視した治療となっています。いぼのサイズや状態によっても選ぶべき方法が変わってきますが、液体窒素に比べると完治までの期間が短くなっています。いぼが大きくなってくると通常のメスを利用した後縫合する方法が取られる場合も有りますが、この場合は後日抜糸も必要となります。いぼを切除してもらう為に病院に行く場合、美容外科クリニックの時は最初から治療となるのではなく、まずはカウンセリングを受けてから治療へと進みます。カウンセリングは病院に行ってすぐに行われるわけではなく、まずは病院を予約する所から始めなければいけません。予約した当日に病院に行き、そこで問診票等に記入をしたら実際にカウンセリングが行われる形です。ここではいぼの状態を把握するとともに、どの様な場所に出来ているか、さらにどの様にしたいかと言う事などを聞かれます。また治療に際してどの様な治療法が有るのか等の説明もあり、いぼ切除に関して疑問に抱いている事を質問する事も可能です。カウンセリングの結果切除可能と判断された場合は切除の予約をし、実際に炭酸ガスレーザーなどを利用して切除してもらうと言うのが一連の流れです。カウンセリングの時間は無制限ではなく時間が設定されている事も多いので、その時間内に出来るだけ疑問点を解消できるように予め質問したい内容をまとめておく様にします。

知っておくとお得な情報

顔を触る人

いぼの切除にはレーザー治療、電子メスを使うケースが多くなってきました。治療の流れと、基礎知識などについて見ていきましょう。いぼの種類や、出来方によってどのような治療が好ましいかは、医師にしっかりと相談することが望ましいです。

医療機関に相談する

ウーマン

いぼとは、ウイルスが原因で発生する腫物のことを言います。剃刀等で切除すると別の細菌などに感染することがあるため、医療機関での治療が望ましいです。自身に応じた治療をするためにも、料金が明確で検査をよく行ってくれる病院を選ぶのが良いでしょう。