女性

皮膚科で治療をしょう

カウンセリング

簡単に治療できます

いぼが手や足にできると美容にも影響します。そのため早めに治療を行うことを推奨します。いぼができる原因としてはウイルス感染があります。これは、例えば切り傷やすり傷が出来た時に、その傷口からウイルスが侵入することによって皮膚が変形するのです。ウイルス感染によるいぼの特徴はいくつか挙げられますが、色が黒や紫色に変色する特徴があります。自分でいぼを切除しようとしても、皮膚の奥にある細菌を根治することは不可能です。また放置しても自然治癒は困難であるために早めに皮膚科を受診することを推奨します。皮膚科を選ぶ場合は、治療のために長期的に通うケースもあるために、自宅から距離が近い病院を選ぶと便利です。皮膚科では、いぼの原因や時期などを医師に伝えることが出来ると、治療がスムーズに行われます。皮膚科を選ぶポイントは、口コミの評判が高い病院を選ぶと良いでしょう。また治療方針を丁寧に教えてくれる皮膚科もお勧めです。切除治療の費用や時間などは個人差がありますので、この点も医師に質問しましょう。いぼの治療は、皮膚科による凍結治療があります。この治療は、いぼの部分に専門の凍結した医療機器を当てて、いぼの表面を凍結させて徐々に皮膚を切除していく治療です。この治療方法によって皮膚の奥にある、いぼの原因となっているウイルスを切除することが可能となります。凍結治療は冷たい液体窒素を皮膚にピンポイントで当てるために、治療中は痛みが発生します。そのため痛みに弱い人は、事前に医師に相談をしておくと、医師は時間をかけたり出来る限り痛みのない方針で治療をしてくれます。またいぼの根治には個人差があるため、場合によっては数ヶ月間の通院が必要となります。もっとも患部が小さい場合や、皮膚にあるウイルスの根が浅い場合は、数回の治療で完治するケースもあります。逆にイボの数が多い場合は、それだけ治療期間が長くなります。皮膚科の医師に質問をする事によって、治療期間の目安がわかります。そして治療には保険が適用されます。予防としては皮膚を清潔にする事や強い紫外線を浴びない事です。