女性

知っておくとお得な情報

顔を触る人

除去の手順

いぼの除去治療では、出来てしまったいぼのタイプや状態などによって、施術内容や方法も変わってきます。このために最初に、しっかりと診察を行って、いぼのタイプなどをしっかりと見極めてから、治療方針を組み立てていくことが大切です。この最初の診察の時に、どのような治療方法を行えるのかしっかりと尋ねて置くのが、安心につながります。いぼの切除にはレーザーの他、電気メスを利用することも可能です。レーザーでの治療の流れは、局所麻酔を行ってから、炭酸ガスレーザーで切除していくと言う内容となります。切除は基本的に、一回の通院で終了します。レーザーによるダメージは深くはなく、アフターケアをきちんと行うと1週間程度で、赤みが残る程度まで回復します。アフターケアには治療パッドを用いるので、かさぶたになりにくいです。電子メスを使う場合も多く、特に首いぼなどはこれが向いています。手順としては局所麻酔を掛けてから切除していき、こちらも切除には1回の通院で済むケースが多いです。いぼ切除には電気メスとレーザーの二つが、利用されることが多いです。レーザー治療は通院回数が少ないなどのメリットがありますが、自費治療になるのが欠点。それでも多くの場合で利用されるのは、それだけ優れた方法だからと言えるでしょう。痕が残りにくいので、顔などの目立つ箇所への施術では選択肢です。治療後に色素が沈着するケースもありますので、事前にクリニックに相談して、シミ消し対策について尋ねておくと良いでしょう。電子メスによる切除は、保険適用になるので気軽に利用できます。ただし、少し傷が出来やすいデメリットがあるので、注意が欠かせません。どちらの方法が好ましいかは、クリニックでしっかりと相談していくことが望ましいです。自身でベストと思った方法があっても、いぼの種類によっては適応性がない場合もあります。いぼは皮膚の良性腫瘍の他にも、ウイルス性のものやアクロコルドンと呼ばれる小さなタイプのいぼもあります。血管腫と呼ばれる赤いいぼでは、専用のレーザーも登場しました。それぞれに適正のある治療法があるので、医師の診察が重要です。