女性

顔と体のぶつぶつ対策

女の人

必要な施術を考える

顔にたくさんぶつぶつががある場合には、最寄りの美容外科クリニックに行って早目にいぼの切除手術を受けることをお勧めします。皮膚科クリニックでも対処はできますが、体にできた場合と違って顔の場合は終わった後のことをしっかり考えて治療しなければいけません。ぶつぶつはウイルス性のいぼであり、放置しても悪化することはあれど自然に治ってしまうということがない疾病です。なので可及的速やかに治療に取り掛からなければいけないので、後回しにしたりせず急いで病院へと行きましょう。美容外科クリニックは利用しない人にとって良くわからないとイメージなので、そういった場合にはまず皮膚科に行くと安心で確実です。皮膚科の治療では傷跡が目立った切除施術となってしまいますが、そのことは皮膚科の医師もよく知っているので美容外科を紹介されることが多いといえます。さらに言えば見た目よりも浅いいぼの症状の場合はクリームの塗布と内服薬の治療できれいに治ることもあるので、迷った場合は皮膚科に行くのが無難です。ウイルス性のいぼのほかにも厄介なものは存在しており、特に皮膚の内側に深く食い込んでしまっているいぼは早めに切除しなければいけません。外側に出っ張ったいぼの場合は医療用のはさみで切ってしまえばいいので簡単ですが、内側に食い込んでいる場合は単純な施術にはならないのです。液体窒素で固めてぽろっと取ってしまう、あるいはクリームを塗り続けていぼの細胞を破壊してからメスとピンセットで取ってしまう方法があります。これらは皮膚科でも良く行われている施術であり、美容外科の医師にかかれば顔の場合でもかなりきれいな仕上がりにすることが十分に可能です。ぶつぶつできる種類のいぼ以外にも多種多様なものがあり、それによって必要な施術も変わってくることはよく知っておきましょう。また美容外科クリニックは保険の適用されない治療が数多くあり、炭酸ガスレーザーなどを使う場合はコストがかさんでしまいます。医師とよく話し合って納得できる切除施術をし、軽い気持ちで治療方針を固めてしまうことのないように心がけていきましょう。